塵も積もれば誇りとなる

塵のような考えを積もらせていく雑多なブログ。サウナ・ゲーム・本の感想が多いです

MENU

レビュー12日目 『ウルトラマンZ 第二話 「戦士の心得」』

歴代ウルトラマン詳しくないです

f:id:hoshikiyo884:20200627211831j:plain


『ウルトラマンZ』第2話「戦士の心得」-公式配信- "ULTRAMAN Z" Episode 2 -Official-

 

ウルトラマンZ 第二話

「戦士の心得」

 

ご唱和ください、今週の怪獣名を! 透明怪獣ネロンガ

 

ウルトラマンZ ウルトラ怪獣シリーズ 123 ネロンガ

ウルトラマンZ ウルトラ怪獣シリーズ 123 ネロンガ

  • 発売日: 2020/06/27
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

  昔は意識してなかったけど、リアルライムで戦った怪獣がソフビとしてすぐに買えるのはうれしいですね。結構かわいい見た目。

 

今回は主人公が所属する部隊"ストレンジ"のメンバーの掘り下げをしつつ

主人公ナツカワハルキとウルトラマンZの基本的な設定や関係を公開してきましたね。

ナツカワハルキ(熱血後輩系押忍男子)

ウルトラマンZ (5000歳の後輩系ウルトラマン

お互い後輩系の面白いペアで二人の相性は悪くなさそう?

 

今回も非常にテンポがよくて 戦闘が始まるまで6分 昔の作品ですとウルトラマン以外は戦闘機などしかないため怪獣とタイマンを貼ることはできませんでしたが、今回はセブンガーがいることで怪獣プロレスを早い段階から行うことができるのが良いと思います。

なにより負けても違和感ありませんし、怪獣の能力を公開しつつ「今回の怪獣はやばいぞ!」とわかりやすいのもいいです。

特撮などでよくある初見殺しの攻撃で敗北とかもしなくて大丈夫ですし

(そもそもウルトラマンにそういうのが多くあるかわかりませんが)

ウルトラマンが出てくるまでのタメを作れるのも良いですね。

 

俺のブログここまでへんなところありまへん?

 

よし、今回特に「おっ」と思ったのは変身シークエンスですね。

これ結構動作が多くてモタモタしそうと思っていて

①カード入れる

②メダルを取り出し三ついれる

③読み込む

④ご唱和する

と、毎回やるにはテンポ悪いんじゃないかな?と思いましたが実際はそんなことありませんでした。

あまりタメも作らずポンポン変身シークエンスをこなしていくので大体時間も1分。毎回流れても苦じゃないテンポだったんじゃないかな?

 

あとはヘビクラ先輩は意図的に怪しいシーンをもりもり入れてくるのでどうなるのか見ものですね。私もこの間知ったのですが、ウルトラマンオーブジャグラーやっていた役者さんが役についていて、そんな感じなので話が少しつながるんですかね?

ウルトラマンオーブだけは偶然見ていたのでそれはそれで楽しみかもしれません。

 

それでは、また明日よろしくおねがいします