塵も積もれば誇りとなる

塵のような考えを積もらせていく雑多なブログ。サウナ・ゲーム・本の感想が多いです

MENU

【雑談】サウナに行けない-コロナ禍の中サウナに行くことは罪か?-

サウナに行けない

f:id:hoshikiyo884:20200804231948p:plain

もう現実で起こらないかもしれない絵

まぁ、当然と言えば当然だけど最近全然サウナに行ってない。別に行きつけのサウナが閉まっているわけでもない。
今日も暖かい温泉としっかり暖めたサウナ・冷たい水風呂を準備しているだろう。でも、何か行きづらいのだ……。

この「何か行きづらい」原因は、今世の中を粛清しようとしているコロナウイルスのせいなのは間違いない。このコロナウイルスは3密という空間だと危険だよ。と、毎日のようにアピールし、感染人数が毎日増えて危険性をアピールしている(減る理由もないから当たり前だと思うが)
クラスターが発見された店名はテレビで大々的に(悪い意味で)宣伝されて、その後お客さんが来なくて閉店を考えているラーメン屋の店主みたいな人がインタビューをする。
そんなのを毎日やっているわけだから、「お店への不安」とか「外出することが罪」とか。まぁ、色々な気持ちが勝手に増えていくわけだ。

 少し私の話になるが、私は一時期かなりヘビーにサウナに行っていた。現在は一ヶ月ほど足を運んでいないが……1-2月あたりまでは週3-4くらいお店に足を運んでいた。世の中の大半の人がサウナに入らないことを考えると明らかに入りすぎだけどサウナーと呼ばれる人はもっと入るのだろう。
(サ道を書いている作者も毎日サウナに行きサウナに入るためにフィンランドに行ったりしたときは、コレはどうなんだ?と疑問に思ったらしいけど)
サウナに行く事に理由は必要ないが、一応私の中でサウナに行く事のイメージとして「罪を洗い流す」という考えがある。
サウナは熱い。人によっては拷問のように感じるし、昔は罰ゲームのような気持ちで入った思い出もある。
サウナに入り汗をかくことを気持ちが良いと感じる今でも、その根付いたイメージは私の中に残り続けていたが、そのイメージは「拷問」から「浄化」へと変化した。
よく、サウナーは嫌なことを汗と一緒に流す……。と、いう話をする。
私もそうだ。「失敗」「過去の嫌な思い出」「悩み」「不安」それを汗と一緒に流す。だからサウナに入ってる最中は色々な思考の迷路の中をさまよう。あえて思い出す。そして、それを暑さの中耐えて耐えて流す。
限界が来た。すべてを流し終え「罪の独白」が終了したと思ったら水風呂に行く。
限界まで暖まった身体は水風呂の中に溶けていく。汗と一緒出てきてもまだこびり付く「罪」を水に流す。
最後は外気浴で完全に透明になる。完璧にととのった時、頭は「空-カラ-」になる。

その時、全てから解放される。私は色々なものから解放されたくてサウナに行っていた。

話を戻す。今このコロナ禍の真っ只中、私はサウナに行ってもいいのだろうか? 
答えは……わらかない。
私は行ってもいいと思っている。お店があるのはお客様がいるからだ。お店が開いているのならばお客が行かなければ成り立たない。大好きなサウナや温泉が無くならないように本当はお店に行くべきだ。
なにより今私の中には泥のような不安がいっぱいだ。一刻も早く流してしまいたい。
けれど、そこでもし感染したら?
お店がクラスターとして公開されてしまったら?
お店だけじゃない。家族・友人・仕事先。全部にかかる問題。リスクがある。
当然私生活で手洗い・うがい・アルコール除菌・マスク着用・空気の入れ替え等、常に気を使っている。でも、そこに何も対策していない人が来たら?
サウナは誰が使ってもいい、けれど自分だけ気持ちよくなるために何も考えない人がそこにいたら?
今、よくサウナ行く友人をサウナに誘っても行こうとはしない。
危険だからだ。
サウナはどう考えても3密だ。熱でコロナが死ぬ。という考えも無くはないが危険というイメージは頭から消えない。

 と言うことで、私は今サウナに行ってない。「何か行きづらい」からだ。
正直コロナもインフルエンザと同じで対策はしっかりするべきだが、かかる時はかかる病気として毎日ニュースでやるのもそろそろ勘弁してほしいもんだ。
なったらなっちゃった。くらいで済む未来が目の前に来てくれなければ、お店が無くなるのが先かもしれない。


世界がコロナから解放されたときにサウナが無ければこの心の泥はどこで流せばいいのか。

50日目 【雑談】サウナに行けない-コロナ禍の中サウナに行くことは罪か? おわり