塵も積もれば誇りとなる

塵のような考えを積もらせていく雑多なブログ。サウナ・ゲーム・本の感想が多いです

MENU

12月22日【180日目】

 

 

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場にて喜多見柚のソロ曲が追加されました。

劇場タイトルは『じっとしてられないっ!』

f:id:hoshikiyo884:20201222234948j:plain

 

曲名は『思い出じゃない今日

f:id:hoshikiyo884:20201223000901j:plain



お話は柚らしく自分の物語。と、言うよりは周りの皆(今回の相方である関ちゃん、GBNSやフリスクのメンツ)も巻き込んだ話です。誰かを巻き込んでお話を進めるのが、他のキャラにできない個性になりつつあるのかな? と思います。
(同時に柚個人の話をしてくれ。って気持ちも十分に理解できます)

運営には今後もいろいろなアイドルとの接点を増やして関りを深めてくれると非常に嬉しいです。

そして、念願。の、ソロ曲『思い出じゃない今日を』

これに関しては文句ひとつないです。柚の初期SSRらしく元気でアップテンポ。タオルを振り回すような曲が良かった気持ちもわかりますが、その姿が周りの皆を巻き込んだ曲だとしたら、この曲は柚の為の曲になっていると思います。

それが大多数に求められていたか? というのは別として私はこの歌は喜多見柚のソロ曲としてこれ以上はないのだろうか? と思います。何よりタイトルである『思い出じゃない今日を』というタイトルが今を楽しむ柚に向けた曲。柚のためだけの曲なんだと思いました。

 

 

 

ここからは、少し人を選ぶ内容かもしれないので注意です。

 

 

 

 THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER(以後CM)シリーズに選ばれなかったことで今後喜多見柚のソロ曲がこのナンバリングを刻むことはないと思います。

この問題についてはアイドルマスターシンデレラガールズに関わってきた期間が長いほど思う部分があります。

声無しから声ありに……そしてソロ曲という流れはデレマス内での成長を見ていくうえで避けては通れぬ道であり、いわば一つのゴール地点。

シンデレラガールズという作品が、その作品名から何もない少女からアイドルへの成長を見届けていく作品だとすれば CMシリーズはガラスの靴のようなものです。

コレを手に入れて初めて本物のシンデレラ(アイドル)になれる。そう思い今までプロデュースしてきた人が多く(生々しい言い方をすればお金をかける)悪く言えばシンデレラガールズ劇場での歌はそのレールから外れる。つまり一つランクが下がることを意味しています。それを公式が理解しているのか理解しろと言っているのか私にはわかりませんが、少なからずこの公式の答えに嫌な顔をする人がでるのは間違いないです。

大人の事情というのもよくわかります。現に前回の総選挙での柚の順位は奮わず「担当の体たらくだ」という意見もあると思います。売り上げとかキャラ人気とかそういうもの全部ひっくるめたうえでの考え。そして、現状だと全員にソロ曲を与えることができないと判断したうえでのシンデレラガールズ劇場でのソロ曲追加など。

CMシリーズを一年に1回3人纏めてにしたのもそういう売り上げ的ものが大きいと思います。

話が少しそれました。結論的な話を言えばCMとして店頭に並ぶことを願った人にとっては気持ちよく喜べない結果となった。

それが、今回の現実です。

 

ただ、少しだけ幸運なのは……今回喜多見柚の声優である「武田羅梨沙多胡」さんが描いたジャケット写真。

声優という仕事がキャラクターに意思を与える仕事だとすれば、彼女がそのキャラクターに対して行ってくれている行為は、そのキャラクターを元々好きだった人たちにとって大きすぎるほどの救済を行っており。今回のことを喜べる一因となっています。

本当にありがとうございます。

 

上記に「一つのゴール地点」と書きました。つまり柚にソロ曲が渡りこれで終わり。物語としては『おしまい』『fin』など感動的にEDが流れていくのかもしれません。

 

しかし、もう少しだけ物語の続きを見たいと思うのが読者たち。

他の担当の人もそうです。

もっと歌ってほしい。もっと出番が欲しい。もっと輝いてほしい。

と、願いは星の数ほど溢れており。その中の一つをまた見つけれる日までもう少しだけ喜多見柚のその先をに付き合おうと思うのです。

 

と、少しナイーブで明るい話にできなかったのですが、少しずつ目の前に起きている幸福に気づいてきて笑みがこぼれてきます。

素直にやったー!とという感情をさらけ出す前に少しだけ……どうしても詰まっていた部分を解消したくこんな文章を書いてしまいました。

『思い出じゃない今日を』これ凄い曲だよ。もっとみんなに聞いてほしいし好きになってほしい!だって喜多見柚の……初ソロ曲なんですから!

だから、フルが来たらもっと楽しい内容を書いていっちゃおうかな!と、謎のやる気がもりもり湧いてきました。

とりあえず今回はここまでです。